最近のトラックバック

« 最近多い「膝痛」関連の記事で思うこと-その② | トップページ | 欧州糖尿病学会(EASD 2013)取材終了: バルセロナはいいところだ »

2013年8月31日 (土)

最近多い「膝痛」関連の記事で思うこと-その③

わたしがいま膝痛のためにやっているのは,大阪にある治療院(指圧・接骨院)で教えてもらった体操である。膝痛解消などというタイトルの本によくかかれている,筋肉強化(大腿二頭筋など)の運動は,もちろん,うまくやればそれなりの効果はあると思うが,実際にはかなりきついし,運動そのものに結構な痛みを伴う。

わたしも足首に重りを付けて,膝から下を水平あげたりおろしたりの運動は試したが,むしろ膝をさらに悪くしそうな気がした。もちろん,太ももの筋肉を強化することは,膝の負担を軽くするうえで重要であることは間違いないのだが,それだけではどうもうまく行かない気がする。

自分もそうだと思うが,激しい運動などで半月板を断裂したとか,あるいは,膝軟骨が完全にすり減った状態になっている(変形性膝関節症)わけではないのに膝が痛いという人は,長年の生活習慣(身体のバランス,歩き方,O脚)から不自然な負荷が長期間,膝にかかっているのではないだろうか。したがって,左右の脚の長さを含む足,膝,腰のバランスや姿勢などを矯正しない限り,膝痛もよくならないのではと思っている。もっとも,これも言うは易く,行うは難しだが。。。

わたしは脚の長さがほんのわずかだが異なるイスを思い浮かべる。たとえ1~2ミリ程度でも,イスの脚の1本が短いとそのイスはガタガタになり,すわりごこちはよくないはずだ。中高年がかかえる膝痛のなかにはこのような膝痛が少なくないのではないだろうか。そして,そのような原因からくる膝痛の研究はまだまだ不十分である。

« 最近多い「膝痛」関連の記事で思うこと-その② | トップページ | 欧州糖尿病学会(EASD 2013)取材終了: バルセロナはいいところだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/53090337

この記事へのトラックバック一覧です: 最近多い「膝痛」関連の記事で思うこと-その③:

« 最近多い「膝痛」関連の記事で思うこと-その② | トップページ | 欧州糖尿病学会(EASD 2013)取材終了: バルセロナはいいところだ »