最近のトラックバック

« 「永遠の0」を息子と観る | トップページ | 小保方氏の会見動画は見なかったが。。。 »

2014年4月 4日 (金)

近況雑感-過去7年で最も厳しい3カ月だった

2014年も4分の1が過ぎてしまった。わたしは今年と来年,空亡(大殺界)にあたると1月に観てもらった占い師に言われたが,仕事の状況はほぼそのような展開になっている(;一_一)。

1~3月の稼ぎは独立した2008年を除けば最悪で,4月以降も苦戦が予想される。「アベノミクスは自分にとっては逆効果のアベコベノミクスだ」と書いてもこれは逆切れ。とくに力を入れて書きたいこともない(書く気力もない)ので近況と雑感のみ書いておこう。

今年は年初から佐村河内氏や小保方氏など,週刊誌にとっては“おいしい”出来事が次々に現れ,2014年の漢字はすでに「偽」で決まるんじゃないかと感じるほどだ。もっとも昨年も,食品などの偽装が話題になったんだっけ。

STAP細胞事件では昨日発売の週刊新潮が3/31に小保方さんとの接触に成功し,その写真やコメントを載せている。週刊文春も,今週号は読んでいないが,前週号か前々週号に,小保方さんと彼女を引き上げた上司のS氏との“不適切関係”を示唆する記事や“割烹着は演出”など,人によっては<イエロージャーナリズム>と批判するような,かなりきわどい記事を載せていた。

しかし4月1日に発表された理研調査委員会の最終報告に違和感を感じた人は多いのではないだろうか。小保方さんに過失あるいは委員会が言うところの不正があったのは事実としても,論文には共著者が多数いて,たとえ“名前貸し”であったとしても責任がゼロではすまないのでは(それが常識的な感覚だろう)。

もちろん利権,じゃなかった,理研のお偉方が「大変悔やまれる」「自責の念」などのコメントを出しているのも読んだし,理事長が<「場合によっては私を含む役員全員の責任を明らかにしないといけない」と語った>そうだが,実際には早く幕引きをはかって自分たちは逃げ切ろう,という印象は強く残る(「特定国立研究開発法人」指定を逃したくないという動機ももちろんある)。

週刊誌といえば,みんなの党・党首の渡辺喜美がDHCの会長から8億円借りていた話も面白かった。面白いなんて書くと不謹慎か。渡辺氏は猪瀬前東京都知事の5000万円問題が出たとき急先鋒で批判したらしいが,自らもああいう危ない金の借り方をしていて,自分の問題は発覚しないと安心しきっていたのだろうか。このあたりの危機管理能力の感覚がまたく理解できない(この危機管理能力欠如については利権,じゃなかった,理研についても感じる)。

なんだか尻切れトンボだがいつものことなのでこれでおしまい。このブログもいよいよ中断か。。。。

« 「永遠の0」を息子と観る | トップページ | 小保方氏の会見動画は見なかったが。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/55643189

この記事へのトラックバック一覧です: 近況雑感-過去7年で最も厳しい3カ月だった:

« 「永遠の0」を息子と観る | トップページ | 小保方氏の会見動画は見なかったが。。。 »