最近のトラックバック

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月 9日 (水)

小保方氏の会見動画は見なかったが。。。

今日,STAP細胞論文に関連した小保方氏の会見があったが,動画はあえてみなかった。テレビや週刊誌でいやというほど目にすると思ったからだ。

今回の問題に関して,前のエントリーで共著者についてなにげなく<たとえ名前貸しであったとしても>と書いたが,論文の共著者の役割分担というか,位置付けけについては長い間,疑問に思っていた。

もちろん,最初に名前がのっているFirst Authorが主著者であり,例えば,ノーベル賞などを受賞することになれば,First Authorがその対象となることは知っている。また,Corresponding Author,Senior Authorなどの言葉も知っているが,一つの論文について,各authorの役割や貢献度,責任がどの程度,明確に決められているのか,常々疑問に思っていた。

仕事がら,英語の医学論文を月に10本前後は読むが,ま,私は研究者じゃないのでこういうことを知らなくても仕事上,不便はない。しかし,STAP細胞問題に関して,小保方氏 vs 理研(調査委員会)という対立ばかりが強調されているのがどうも合点がいかなかった。

小保方氏を含むSTAP細胞論文の著者 vs 調査委員会 が本来あるべき構図ではないのかと訝しく感じていた。

問われるのは論文のオーサーシップ>というこのブログ記事を読んで,ギフトオーサーシップ,という言葉を初めて知った。まさに名前貸し,であろう。

素人が科学的なことについてコメントするつもりはないが(STAP細胞があるとかないとか),今回の一連の報道を見聞きして,共著者らが,自分たちは小保方氏のデータ改竄あるいは論文盗用(コピペ)のまるで<被害者>のように思っているのではという印象を受けていた。

しかし,そのような<当事者意識のなさ>(= つまり,責任感のなさ)の原因が,自分は名前を貸しただけ(ギフトオーサーシップ)という気分であるから,というのであれば理解しやすい。

しかし,論文作成において大きな役割を担ったと思われる理研(あるいは元理研)の何人かの著名な先生方の組織内でのポジションや研究における役割を考えると,改竄やコピペが小保方氏の<単独犯行>だったとしても,その責任は重大ではないだろうか。

上記の記事にも触れられているとおり,たしかに遺憾や責任を感じる,等のコメントは発表されているが,それで逃げ切れるのであろうか。

サイエンスの問題ではなく一般社会常識の問題として。。。。

さらに(ここからは空想だが),もし1年後か数年後にSTAP細胞(あるいはSTAP現象)というものが実在することが証明された場合,これらの著名な先生方はいったいどういう反応を示すのであろうか。

当初は一人悪あがきをしているような印象だったハーバードのバカンティ教授のほうがむしろ右往左往していないだけ,肝が据わっているような気がしてきた。

2014年4月 4日 (金)

近況雑感-過去7年で最も厳しい3カ月だった

2014年も4分の1が過ぎてしまった。わたしは今年と来年,空亡(大殺界)にあたると1月に観てもらった占い師に言われたが,仕事の状況はほぼそのような展開になっている(;一_一)。

1~3月の稼ぎは独立した2008年を除けば最悪で,4月以降も苦戦が予想される。「アベノミクスは自分にとっては逆効果のアベコベノミクスだ」と書いてもこれは逆切れ。とくに力を入れて書きたいこともない(書く気力もない)ので近況と雑感のみ書いておこう。

今年は年初から佐村河内氏や小保方氏など,週刊誌にとっては“おいしい”出来事が次々に現れ,2014年の漢字はすでに「偽」で決まるんじゃないかと感じるほどだ。もっとも昨年も,食品などの偽装が話題になったんだっけ。

STAP細胞事件では昨日発売の週刊新潮が3/31に小保方さんとの接触に成功し,その写真やコメントを載せている。週刊文春も,今週号は読んでいないが,前週号か前々週号に,小保方さんと彼女を引き上げた上司のS氏との“不適切関係”を示唆する記事や“割烹着は演出”など,人によっては<イエロージャーナリズム>と批判するような,かなりきわどい記事を載せていた。

しかし4月1日に発表された理研調査委員会の最終報告に違和感を感じた人は多いのではないだろうか。小保方さんに過失あるいは委員会が言うところの不正があったのは事実としても,論文には共著者が多数いて,たとえ“名前貸し”であったとしても責任がゼロではすまないのでは(それが常識的な感覚だろう)。

もちろん利権,じゃなかった,理研のお偉方が「大変悔やまれる」「自責の念」などのコメントを出しているのも読んだし,理事長が<「場合によっては私を含む役員全員の責任を明らかにしないといけない」と語った>そうだが,実際には早く幕引きをはかって自分たちは逃げ切ろう,という印象は強く残る(「特定国立研究開発法人」指定を逃したくないという動機ももちろんある)。

週刊誌といえば,みんなの党・党首の渡辺喜美がDHCの会長から8億円借りていた話も面白かった。面白いなんて書くと不謹慎か。渡辺氏は猪瀬前東京都知事の5000万円問題が出たとき急先鋒で批判したらしいが,自らもああいう危ない金の借り方をしていて,自分の問題は発覚しないと安心しきっていたのだろうか。このあたりの危機管理能力の感覚がまたく理解できない(この危機管理能力欠如については利権,じゃなかった,理研についても感じる)。

なんだか尻切れトンボだがいつものことなのでこれでおしまい。このブログもいよいよ中断か。。。。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »