最近のトラックバック

« 近況雑感-過去7年で最も厳しい3カ月だった | トップページ | 論理的に生きるということ »

2014年4月 9日 (水)

小保方氏の会見動画は見なかったが。。。

今日,STAP細胞論文に関連した小保方氏の会見があったが,動画はあえてみなかった。テレビや週刊誌でいやというほど目にすると思ったからだ。

今回の問題に関して,前のエントリーで共著者についてなにげなく<たとえ名前貸しであったとしても>と書いたが,論文の共著者の役割分担というか,位置付けけについては長い間,疑問に思っていた。

もちろん,最初に名前がのっているFirst Authorが主著者であり,例えば,ノーベル賞などを受賞することになれば,First Authorがその対象となることは知っている。また,Corresponding Author,Senior Authorなどの言葉も知っているが,一つの論文について,各authorの役割や貢献度,責任がどの程度,明確に決められているのか,常々疑問に思っていた。

仕事がら,英語の医学論文を月に10本前後は読むが,ま,私は研究者じゃないのでこういうことを知らなくても仕事上,不便はない。しかし,STAP細胞問題に関して,小保方氏 vs 理研(調査委員会)という対立ばかりが強調されているのがどうも合点がいかなかった。

小保方氏を含むSTAP細胞論文の著者 vs 調査委員会 が本来あるべき構図ではないのかと訝しく感じていた。

問われるのは論文のオーサーシップ>というこのブログ記事を読んで,ギフトオーサーシップ,という言葉を初めて知った。まさに名前貸し,であろう。

素人が科学的なことについてコメントするつもりはないが(STAP細胞があるとかないとか),今回の一連の報道を見聞きして,共著者らが,自分たちは小保方氏のデータ改竄あるいは論文盗用(コピペ)のまるで<被害者>のように思っているのではという印象を受けていた。

しかし,そのような<当事者意識のなさ>(= つまり,責任感のなさ)の原因が,自分は名前を貸しただけ(ギフトオーサーシップ)という気分であるから,というのであれば理解しやすい。

しかし,論文作成において大きな役割を担ったと思われる理研(あるいは元理研)の何人かの著名な先生方の組織内でのポジションや研究における役割を考えると,改竄やコピペが小保方氏の<単独犯行>だったとしても,その責任は重大ではないだろうか。

上記の記事にも触れられているとおり,たしかに遺憾や責任を感じる,等のコメントは発表されているが,それで逃げ切れるのであろうか。

サイエンスの問題ではなく一般社会常識の問題として。。。。

さらに(ここからは空想だが),もし1年後か数年後にSTAP細胞(あるいはSTAP現象)というものが実在することが証明された場合,これらの著名な先生方はいったいどういう反応を示すのであろうか。

当初は一人悪あがきをしているような印象だったハーバードのバカンティ教授のほうがむしろ右往左往していないだけ,肝が据わっているような気がしてきた。

« 近況雑感-過去7年で最も厳しい3カ月だった | トップページ | 論理的に生きるということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/55710627

この記事へのトラックバック一覧です: 小保方氏の会見動画は見なかったが。。。:

« 近況雑感-過去7年で最も厳しい3カ月だった | トップページ | 論理的に生きるということ »