最近のトラックバック

« 学会取材-国際神経精神薬理学会(CINP)と日本精神神経学会 | トップページ | “資金”としての予算と“目標(ノルマ)”としての予算―奇妙な夢を見た »

2014年7月24日 (木)

近況-雑感-広島お好み焼はうまかった

7月も残すはあと一週間。先週は広島のうつ病学会へ速報の仕事で行っていた。思い起こせば広島へは中学生くらいのときに(たぶん初めての)一人旅で行って以来で、仕事で広島を訪れるのは今回が初めてだった。国際会議場が原爆記念公園のなか(原爆資料館のとなり)にあるので、原爆ドームを眺めながら毎日“通勤”した。毎日といっても18、19の2日間だけだったけど。

広島風お好み焼きを3回(=毎日)食べ、体重も3kg増えてしまったが、うまかった。もっとも、店によってやはり差はあり、それほどでない店もあったが、宿泊したホテルのそばのカウンターの店は粉ものにうるさい大阪人としてもかなりのレベルであった。

お好み焼以外に広島はもちろん牡蠣が有名だが、これもホテルの近くで偶然入った居酒屋のような店(チェーン店ではない)の肴はすべてうまかった。広島は食べ物がうまい土地という印象を持って帰ってきた。

明日から骨代謝学会の原稿仕事が月末まであるが、今日は谷間で暇なので久しぶりに家で夕食を食べるつもりだ。もっとも、広島から20日の朝に帰ってから、息子の空手の大会に直行したり、野球観戦に連れて行ったり(楽天-西武戦、西武ドーム、21日)と、子どもサービス、家族サービスはかなりしているつもりだ。残念ながら家族(配偶者含む)は、フリーランスで収入状況が明るくない今のオレにとって、なんでもない家族サービスがかなりの負担であることをまったくappreciateしていないけど。おっと、愚痴りはじめた。

9月以降、仕事の状況が好転したら、年末は豪華家族食事会でもやりたいなあ、とふと思い(今のところ明るい見通しはないが)、子どもが鮨好きなので回転寿司でない、いわゆる有名寿司店をググってみた。銀座久兵衛で検索したら、こんなブログ記事に遭遇したのだが、

銀座久兵衛が教えてくれたこと ~「おもてなし」はコスト不要の差別化だ! - 榊 裕葵

この人、本当に「おもてなし」がコスト不要だと思っているのかねえ。まあ、知らない人のブログの揚げ足取る暇があったら仕事の資料でも読めよ、と自分に対して一人つっこみ入れているが、<コストをかけずにお客様に対する「おもてなし」の心を従業員にどれだけ持たせられるか>って、そんなことできるわけないと思う。

回転寿司屋と銀座久兵衛の値段の差は、材料(寿司ネタ)やハード(店)の差だけではあるまい。一流の「おもてなし」を教え込むのにどれほどのコストがかかっているか。ま、ただ高いだけのぼったくり高級店みたいな店(寿司屋に限らず)があるのも事実だが。。。

いつも通り、まったくどうでもいいことばかり書いている自分がいやになるが、どうでもいいことついでにもう1つ。

6月に事務所の引っ越しをしたが(一番の理由は家賃を下げるため)、自宅からの距離が前の事務所とまったく同じにもかかわらず、方角が違うので徒歩での行動範囲に変化が生まれ、結果、これまで気づかなかった店(おもに食べ物屋)を何件も見つけて楽しんでいる。今の自宅にはもう10年住んでおり、独立して、徒歩10分前後の場所に事務所を借りてからも7年になるにもかかわらず、少しエリアを変えただけでこうも見え方が違うものかと新鮮な気分だ。今日も、駅からの帰りに、店らしい構えがないのに昼食メニューらしきものを控えめに出してある店をみつけた。神楽坂の細い道を歩いていると、店か普通の家かわからないようなある意味、入りにくい店があるが、そんな感じ。明日、そこで昼飯を食べようかな。

« 学会取材-国際神経精神薬理学会(CINP)と日本精神神経学会 | トップページ | “資金”としての予算と“目標(ノルマ)”としての予算―奇妙な夢を見た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/56886303

この記事へのトラックバック一覧です: 近況-雑感-広島お好み焼はうまかった:

« 学会取材-国際神経精神薬理学会(CINP)と日本精神神経学会 | トップページ | “資金”としての予算と“目標(ノルマ)”としての予算―奇妙な夢を見た »