最近のトラックバック

« あと1カ月でフリーランス生活7年終了- ここへ来てつのる不安 | トップページ | 映画の感想2つ »

2015年1月23日 (金)

2015年最初のブログエントリー,石川啄木の短歌を思い出した正月

「あけましておめでとうございます」には遅すぎるがとにかく今年最初のブログを書いてみる気になった。タイトルの啄木の歌というのは(うろ覚え。間違っている可能性あり)

なんとなく
今年はよいことあるごとし
元日の朝 晴れて風なし

という歌だ。元日の朝が晴れだったかどうかはもう忘れてしまったが,仕事の低迷は昨年が底で,今年は多少は上向くのではないかという「根拠のない」予感を持って正月を迎えた。もっとも,現時点で2月以降の見通しはあまりよくない。1月は12月からのキャリーオーバーがあったので何とかやり過ごせたが。。。

さて,何を書こう。うーん。書きたいことが特にない。困った。ツイッタ―を始めてから,日々のちょっとした感想はそこでつぶやくので,ブログに書きたいことが減ってきた。もっとも,ツイッタ―のつぶやきも最近は減って,たまにリツイートするだけになってしまっている。とりあえず,年末からこれまでの生活で印象に残ったことでも(アットランダムに)書いてみよう。

正月は3日に家族を連れて劇団四季のライオンキング(浜松町の四季劇場)を観に行った。午後2時からなので早い目に浜松町に着き,初詣に芝大神宮へ寄ったところ,ちょうど獅子舞をやっていて,子ども2人が頭を噛んでもらったのでいい厄除けになった。

Img_1764まだ時間があるのでそのあと,増上寺の方へ歩いて行き,道路を渡りかけたときに,箱根駅伝の復路がここを通過する予定であることを知った。さまざまな大学の旗がすでに立っており,そうこうするうちに,読売新聞の応援旗を配る人が現れた。聞くと1時頃,先頭が通過する予定だという。計画して行ったわけではないがせっかくのチャンスだからと慌てて昼食を食べに近くの店に入り,1時過ぎに増上寺前交差点で,トップ・青山学院のアンカーをしっかり見ることができた。偶然とはいえいい経験をさせてもらったが,今年の青学はぶっちぎり優勝だったのであっと言う間に目の前を通過し,2位の駒沢大学通過まで10分も間があいたのは残念だった。最終走者になると差がついているのは仕方ないのかもしれないが,ある程度,差がつまっている方が声援が続いて賑やかになっていただろうと思う。3位以降はミュージカルに間に合わなくなるので見るのを諦めて交差点を離れた。後続の方が選手が続いておもしろかったかもしれない。

肝心のライオンキングだが,正直,イマイチだった。前から数列目だったので良く見えたのだが,ストーリーがあまりにも単純,かつ,メッセージみえみえ。子どもをターゲットにしているのかもしれないが,なんというか,上手な学芸会を見せられた気分だった。歌はもちろんうまいが,例えばCATSの主題歌のような名曲はないのでどうもつまらなかった。大道具(動物の衣装など)もキリンなど大きな動物は多少見応えはあったが,それ以外は中途半端な感をぬぐえなかった。

« あと1カ月でフリーランス生活7年終了- ここへ来てつのる不安 | トップページ | 映画の感想2つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/58677495

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年最初のブログエントリー,石川啄木の短歌を思い出した正月:

« あと1カ月でフリーランス生活7年終了- ここへ来てつのる不安 | トップページ | 映画の感想2つ »