最近のトラックバック

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月24日 (土)

映画の感想2つ

年末~年始にかけて映画館で見た映画の感想を少し。

バンクーバーの朝日: 12月の公開初日に息子と観に行った。第二次大戦前,カナダ・バンクーバーの日系人(2世)をメンバーとする野球チーム,ASAHIが弱小チームから全国制覇するチームに育っていく話。フジテレビが大きく宣伝していたが,映画としての出来はよくないと思う。詳しくはかかないが,せっかく野球経験のある俳優を集めたのだから,もう少し野球の場面をうまく描けなかったものか。体力に劣るからバントと脚を使ったかき回しで初勝利を取ったというのはいいが,まさか,その後の活躍もバント&ランだけで勝ち進んだわけではあるまい(映画ではそういう映像しかなかった)。一応史実に基づいているらしい(ASAHIは実在したチーム)が,帰国したらプロになりたい,という選手もいたのだから,もうちょっち野球をきちんと撮ってほしかった。一方,人種差別や日系移民の苦しい生活ぶりの描き方も中途半端だし,ストーリーの進み方,場面の切り替えなど,テンポがなく(昔の日本映画風といえば言えなくもないが)かなり眠くなる映画だった。

ベイマックス: 成人の日に子ども2人,息子の友達とわたしの計4人で見にいった。ディズニーの3Dコンピュータアニメーション・アクション・ファンタジー映画。さすがディズニー映画で,非常に良く出来ていると感じた。大人が見てもおもしろいと思う。ポスターだけからベイマックスというロボットがただの癒し系ロボットなのかと思っていたが(そもそもはそういうロボット=健康ロボット,だが),実際には派手なアクションシーンもたくさんあり,テンポのいい映画だった。なお,見たのは2D。以前,アニメーション映画を3Dで見て,息子もわたしも気持ち悪くなったのでそれ以来,わが家では3D映画は禁止にしている。

2015年1月23日 (金)

2015年最初のブログエントリー,石川啄木の短歌を思い出した正月

「あけましておめでとうございます」には遅すぎるがとにかく今年最初のブログを書いてみる気になった。タイトルの啄木の歌というのは(うろ覚え。間違っている可能性あり)

なんとなく
今年はよいことあるごとし
元日の朝 晴れて風なし

という歌だ。元日の朝が晴れだったかどうかはもう忘れてしまったが,仕事の低迷は昨年が底で,今年は多少は上向くのではないかという「根拠のない」予感を持って正月を迎えた。もっとも,現時点で2月以降の見通しはあまりよくない。1月は12月からのキャリーオーバーがあったので何とかやり過ごせたが。。。

さて,何を書こう。うーん。書きたいことが特にない。困った。ツイッタ―を始めてから,日々のちょっとした感想はそこでつぶやくので,ブログに書きたいことが減ってきた。もっとも,ツイッタ―のつぶやきも最近は減って,たまにリツイートするだけになってしまっている。とりあえず,年末からこれまでの生活で印象に残ったことでも(アットランダムに)書いてみよう。

正月は3日に家族を連れて劇団四季のライオンキング(浜松町の四季劇場)を観に行った。午後2時からなので早い目に浜松町に着き,初詣に芝大神宮へ寄ったところ,ちょうど獅子舞をやっていて,子ども2人が頭を噛んでもらったのでいい厄除けになった。

Img_1764まだ時間があるのでそのあと,増上寺の方へ歩いて行き,道路を渡りかけたときに,箱根駅伝の復路がここを通過する予定であることを知った。さまざまな大学の旗がすでに立っており,そうこうするうちに,読売新聞の応援旗を配る人が現れた。聞くと1時頃,先頭が通過する予定だという。計画して行ったわけではないがせっかくのチャンスだからと慌てて昼食を食べに近くの店に入り,1時過ぎに増上寺前交差点で,トップ・青山学院のアンカーをしっかり見ることができた。偶然とはいえいい経験をさせてもらったが,今年の青学はぶっちぎり優勝だったのであっと言う間に目の前を通過し,2位の駒沢大学通過まで10分も間があいたのは残念だった。最終走者になると差がついているのは仕方ないのかもしれないが,ある程度,差がつまっている方が声援が続いて賑やかになっていただろうと思う。3位以降はミュージカルに間に合わなくなるので見るのを諦めて交差点を離れた。後続の方が選手が続いておもしろかったかもしれない。

肝心のライオンキングだが,正直,イマイチだった。前から数列目だったので良く見えたのだが,ストーリーがあまりにも単純,かつ,メッセージみえみえ。子どもをターゲットにしているのかもしれないが,なんというか,上手な学芸会を見せられた気分だった。歌はもちろんうまいが,例えばCATSの主題歌のような名曲はないのでどうもつまらなかった。大道具(動物の衣装など)もキリンなど大きな動物は多少見応えはあったが,それ以外は中途半端な感をぬぐえなかった。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »