最近のトラックバック

« 2015年最初のブログエントリー,石川啄木の短歌を思い出した正月 | トップページ | やはり柔軟体操は身体に良い―スケートの筋肉痛は防げなかったけど »

2015年1月24日 (土)

映画の感想2つ

年末~年始にかけて映画館で見た映画の感想を少し。

バンクーバーの朝日: 12月の公開初日に息子と観に行った。第二次大戦前,カナダ・バンクーバーの日系人(2世)をメンバーとする野球チーム,ASAHIが弱小チームから全国制覇するチームに育っていく話。フジテレビが大きく宣伝していたが,映画としての出来はよくないと思う。詳しくはかかないが,せっかく野球経験のある俳優を集めたのだから,もう少し野球の場面をうまく描けなかったものか。体力に劣るからバントと脚を使ったかき回しで初勝利を取ったというのはいいが,まさか,その後の活躍もバント&ランだけで勝ち進んだわけではあるまい(映画ではそういう映像しかなかった)。一応史実に基づいているらしい(ASAHIは実在したチーム)が,帰国したらプロになりたい,という選手もいたのだから,もうちょっち野球をきちんと撮ってほしかった。一方,人種差別や日系移民の苦しい生活ぶりの描き方も中途半端だし,ストーリーの進み方,場面の切り替えなど,テンポがなく(昔の日本映画風といえば言えなくもないが)かなり眠くなる映画だった。

ベイマックス: 成人の日に子ども2人,息子の友達とわたしの計4人で見にいった。ディズニーの3Dコンピュータアニメーション・アクション・ファンタジー映画。さすがディズニー映画で,非常に良く出来ていると感じた。大人が見てもおもしろいと思う。ポスターだけからベイマックスというロボットがただの癒し系ロボットなのかと思っていたが(そもそもはそういうロボット=健康ロボット,だが),実際には派手なアクションシーンもたくさんあり,テンポのいい映画だった。なお,見たのは2D。以前,アニメーション映画を3Dで見て,息子もわたしも気持ち悪くなったのでそれ以来,わが家では3D映画は禁止にしている。

« 2015年最初のブログエントリー,石川啄木の短歌を思い出した正月 | トップページ | やはり柔軟体操は身体に良い―スケートの筋肉痛は防げなかったけど »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/58678915

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の感想2つ:

« 2015年最初のブログエントリー,石川啄木の短歌を思い出した正月 | トップページ | やはり柔軟体操は身体に良い―スケートの筋肉痛は防げなかったけど »