最近のトラックバック

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

あっという間に3月も終わり。。。 新宿のルミネざよしもとへ行ってきました。

3月も過ぎてみればあっという間に終わり(漫才コンピのサンドイッチマン風に言うと「ラット言う間に終わった」)、1年も4分の1が終了。昨年以上に仕事の見通しが悪く途方にくれている。それなのに、というか、それだからこそ、というべきか、手元にある原稿書きの仕事が遅々として進まずやばい状況だ。本来なら今月中、つまり、今日納品だが、とりあえず今週いっぱいでなんとかしなければいけない。

そんな状況でこんなことをしている場合ではないのだが、29日の日曜日、家族で新宿にある<ルミネざよしもと>へ行ってきた。以前からチケットをとってあったので行かないのもムダになるし。。。大阪出身のわたしは、大阪の劇場(なんば花月、道頓堀角座)にはもちろん行ったことはあるが、東京で吉本の劇場へ行くのはこれが初めて。吉本ではない東京の演芸場(池袋演芸場、新宿末広亭)は行っているし、池袋は昔の座布団座敷の時代から知っている。

写真は前説(公演開始前の諸注意説明)をやった<エレベーターマンション>という無名Img_1839_2
(失礼!)のコンビ。この写真は「公演が始まったら写真は禁止です。今のうちに撮って下さい」と彼らが観客にアピールしていたときのものなので載せても問題ないだろう。

本番の公演は、NON STYLE、オール阪神・巨人、FUJIWARA、テンダラー、キングコング、なぎら健壱、など、結構好きなコンピ/芸人が出演してまずまずのおもしろさだった。もっとも、大阪人としてお笑いに一家言あるオレとしてはダメだししたいところもあったが、真面目に書くと長くなるので今日はしない。

入場前に入口付近で自分たちのDVDかチケットか何かを売っていたNON STYLEの石田と握手できた息子は大喜びであった。

お笑いネタが80分くらい、休憩をはさんでお笑い劇があった。吉本新喜劇ではないが、あんな感じの劇で、有名どころでは、ほんこん、山田花子が出演していた。

しかし、このお笑い劇はいただけなかった。とくに、ほんこんの「アドリブ強要セリフ」は、楽屋落ちのようなもので、笑っているお客さんはたくさんいたが、わたしはああいうのはまったく評価しない。それなら、きちんと台本通りやっておもしろくしろ。つまり、きちんとしたおもしろい台本=脚本を作れ、と思ってしまう。

おっと、うんちくを語り始めてしまった。仕事せねば。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »