最近のトラックバック

« 学会取材-国際精神薬理学会(CINP)テーマ会議-ダブリン | トップページ | Kindle Paperwhite 購入 »

2015年6月17日 (水)

2015年も半分終了 - どうする?あと13年

6月も後半に突入。2015年もまもなく折り返し点だ。明日から1週間は海外学会(悪性リンパ腫関連)の待機原稿書きの仕事があるので6月のブログ更新はおそらくこれが最後になる。

今月はある程度仕事があったのでパフォーマンス(稼ぎ)的には悪くはないが(良くもないけど)、年後半の見通しも現時点では暗いので精神的にはかなり辛い。

子どもの年齢を考えると最低でもあと13年、なんらかのかたちで稼ぎ続けなければならない。いよいよ正念場を迎えた気がする。

閑話休題。ダブリン出張の際、飛行機のなかでLiam NeesonのTakenという映画を観た。日本語では96時間、というタイトルになっているようだ。元CIAの諜報員だったLiam Neeson扮するブライアン・ミルズが、パリで旅行中に誘拐された娘のキムを助け出すという話だ。キムを演じたMaggie Graceが全然私の好みじゃないが(いろんな意味で)、Liam Neesonの渋さには感銘を受けた。Taken はシリーズ化されていて、いま、Taken 3まであるそうだが、私が見たのは最初のTaken 1。Liam Neesonのことは良く知らなかったが、帰国後ネットで調べたらアイルランド生まれ(現在は米国籍)らしく、あのシンドラーのリストの主演俳優だったそうだ。シンドラーのリストは昔、映画館で見た覚えがあるが、Takenをみているときは全然気づかなかった。

追記:「話変わって」くらいのい意味で、「閑話休題」を使ったが自分でも使い方がおかしいかも、と疑問に感じたので、確認したところ<余談を打ち切って、本筋にもどる意を表す語。それはさておき。さて>という説明。全然間違った使い方で恥ずかしい(-_-;)。そういえば、遠藤周作がエッセイでよく閑話休題(あだしごとはさておき)と書いていたなあ(あだしごと、は、徒し事、で、意味は、むだなこと。つまらないこと)。

« 学会取材-国際精神薬理学会(CINP)テーマ会議-ダブリン | トップページ | Kindle Paperwhite 購入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/60414238

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年も半分終了 - どうする?あと13年:

« 学会取材-国際精神薬理学会(CINP)テーマ会議-ダブリン | トップページ | Kindle Paperwhite 購入 »