最近のトラックバック

« 夏の北海道旅行③-カシオペアはもういいや | トップページ | <ストレスチェック制度>に対する疑問持っている人,オレだけじゃなかったのね »

2015年8月10日 (月)

製薬協の<「医療用医薬品製品情報概要記載要領,広告作成要領」改定 説明会>に出席

8月4日(火),ニッショーホールで開かれた日本製薬工業協会(製薬協)・医療用医薬品製品情報概要審査会が開いた上記説明会に出席した。本来は,会員各社向けの説明会だが,この日は,広告代理店や製作会社,出版社など,製薬会社からさまざまな仕事を請け負う非会員(業者)も出席可能な日で(参加費:1人3000円),わたしも個人事業主(フリーランス)としてかなり前から申込んでいた。

こういう説明会は代理店の社員だったころ(たしか2006年か2007年)に1度出席したことがある。そもそも,フリーランスが出席する意味があるのかどうかは不確かだったが,製薬協のこの種のルール改定は“この業界”で発生する仕事の量と質(内容)に大きな影響を与えるので,昨年来の仕事量の減少傾向が今後さらに下降線をたどるのか,あるいは,多少は回復していくのか,自分なりの印象を持ちたいと思っていた。

700席あまりの座席がすべて埋まる“盛況”ぶりで,昔勤務していた代理店の社員やそのほかの会社からも知っている人が何人かいて,フリーランスの自分は少し場違いな感じがした。あとで聞くと,顔は合せなかったが,ほかにも知っている人が何人も出席していたようだ。

肝心の改定内容だが,細かいことは書かないが,これまで(1~2年前まで)私が仕事として依頼されることの多かった記事体広告の原稿執筆や学会記録集の原稿執筆,文献翻訳・要約原稿執筆,座談会の要約・原稿書き,ドクター取材の原稿執筆,などはやはり相当減るだろうと覚悟せざるを得ないと思った。

(実際はすでに減っているのだが,今回の改定後[最終的な作成要領は今月下旬に公開されるらしい]),改定ルールに則したかたちでこれらの仕事が復活することを期待していた。いや,今でも期待はしているのだが,その回復の程度は,あまり大きなものでない[= つまり,仕事の絶対量が過去のレベルに戻らない]だろうという感想を持った)。

自分の生活状況を考えると,あと13年は年齢相応の稼ぎを維持する必要があるのだが,現役期間を多少短くしても,2024年末(あと9年半)まではゆるやかなソフトランディング(←これ,トートロジー)をめざさなければならない。しかし,昨年からの不調が続けば,ソフトランディングでなくクラッシュ(ハードランディング)になってしまうかもしれない。

北海道旅行の感想文を長々と書いたあとにこのようなエントリーをアップするのは,なんかちぐはぐな印象を与えるかもしれない(「家族4人で4泊5日の北海道旅行なんて[経済的な]余裕があるんでしょ?」)。しかし,実際には余裕のある状態ではない。

独立当初に書いた以下の2つのエントリー(フリーはつらいよ恐ろしいデータ)が,何故か予言めいていて我ながら怖い。

♪♪今年の秋はいつもの秋より長くなりそうなそんな気がして♪♪(アリス,秋止符)なんて歌ってる場合じゃないぞ。

« 夏の北海道旅行③-カシオペアはもういいや | トップページ | <ストレスチェック制度>に対する疑問持っている人,オレだけじゃなかったのね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/61113740

この記事へのトラックバック一覧です: 製薬協の<「医療用医薬品製品情報概要記載要領,広告作成要領」改定 説明会>に出席:

« 夏の北海道旅行③-カシオペアはもういいや | トップページ | <ストレスチェック制度>に対する疑問持っている人,オレだけじゃなかったのね »