最近のトラックバック

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月13日 (金)

頭がいいってどゆことなんだろね?-舛添都知事のアホらしいニュースの感想

舛添都知事の豪華出張旅行や湯河原だかどっかへの公用車を使った毎週温泉「療養」、さらに、国会議員時代の「政治資金を使った家族旅行」など、わたしは都民ではないが、聞くのも恥ずかしいニュースが続いている。これについてはツイッタ―でも何度かつぶやいてしまったが、短く感想を言うと、ただただ、卑しい。

それにしても理解できないのは、これほど頭のいい人が、なんでこんな危機感のないチョンボをするのかということ。毎週、公用車で湯河原に行ったりすれば、都庁の職員あるいは近くにいる人間のなかで「刺す(チクる)」人間が出てきて当然じゃないか。少なくともそういう警戒感もなかったのか。今話題になっている、政治資金を使った家族旅行については、国会議員時代のことらしいが、それなら都知事になったときに修正しておくとか、それができないのであれば、都知事になった後は、公私を前任者(猪瀬前都知事)よりも厳しく律するとかしていれば、あのネタだけでこれほど大事にはならなかっただろう。

湯河原温泉の説明会見で、都知事はトップリーダーだから、などと言って失笑を買っていたが、自分自身の恥ずかしい部分(卑しさは性格だから治しようがない)をうまく隠す準備や方策もない人間が、都民の安全や生活を守れるのかと疑問に感じる。

ただ、だからといって、猪瀬前都知事の再登板期待、みたいなものも出てきているらしいが、それがもし本当だったらおかしなことだ。都民の感覚もどうなってるの?と思ってしまう。卑しいといえば、石原元都知事もわたしのなかでは卑しい人間だ。本人はそうじゃないと思っているらしいが。

もっとも私の住んでる埼玉県も、上田知事が自らが定めた「知事は3期まで」という条例を破って4選しているのだからいいかげんなもんだ。

いろいろ毀誉褒貶はあったが、橋下前大阪市長には、舛添的卑しさや上田知事的しつこさはなかったような印象を持っている。ただ、橋下氏がまた政治家に戻る可能性はあると思うし、すでに舛添都知事の辞任のあとには橋下さんが出れば、なんていう無責任な意見もネット上では流れているようだ。

頭がいいっていうのはいったいどゆことなんだろうね。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »