最近のトラックバック

« 学会取材-米国糖尿病学会(ADA)2016 - 新製品発表会かと感じた<LEADER試験>のシンポ。なんだかなあ。。。 | トップページ | 男性更年期障害(LOH)かもしれんな - でも、テストステロン補充療法(TRT)はやらない »

2016年6月18日 (土)

こういう記事は嫌いだ―東洋経済ONLINE 「才能ない」生意気な子供でも天職は見つかる

東洋経済ONLINEに、

「才能ない」生意気な子供でも天職は見つかる 数学者・秋山仁氏が説く努力の尊さと儚さ

 という記事がアップされている。やらなきゃいけない翻訳仕事があるのに、こんな記事にかみついてブログなんぞ書いている場合じゃないんだが、仕事のヤル気がでないため、ついついラクなブログ書きに流されてしまう。

ただ、こういう「才能がなくても努力を続ければ」とか、「能力がなくてもやる気があれば」とか、「成績はよくなかったが好きだったから続けられた」、のような陳腐な言説はもういいかげん、卒業したほうがいいんじゃないだろうか。

なにが陳腐か。このような言葉は、結局、わたしは成功しました。わたしには能力がありました。と言っているに過ぎないからだ。

<別に成績が良かったわけでもなかったけど、他の教科と比べて、算数や数学だけは好きだった(秋山)>って、これ才能あるってことですよ。本当にできない子はまったく好きになれません。

もちろん、記事のなかにも<例えば、中学校の算数がとても出来ない子どもがクラスで1、2番になるためにはどうしたらいいか。3〜4カ月ほど毎日3時間の勉強を続ければ、成績がビリの子どもでも1番になれると僕は強く確信しています(秋山)>という発言があり(←でも、これ、あたりまえのことですよ。秋山センセイじゃなくても、アサカシキオでもそう確信します)、そのあと続けて、

<ただ、ビリの子どもが数学をそこまで熱心に勉強できるかというと、難しいじゃないですか。本当に成績を上げたければ、数学を習得したければ、努力を続けられるんです。でも、その動機がない。じゃあ、動機はどうしたら生まれるのかというと、ここからが親御さんの腕の見せどころです(秋山)>(←親の役割が重要、という点については、アサカシキオも同感です)、という動機づけ、つまり、どうやったら<ヤル気>がでるかについて、いよいよ素晴らしいアドバイスがあるのかと思っていると、

<教育の原則は「褒めること」と「しかること」なんです。それを適切に行っていくと、子どもは非常に伸びる(秋山)>(←なんじゃこりゃ?こんな手垢のついたアドバイスを聞いて、子どもの<ヤル気>を伸ばせる親がいるのだろうか)。

たしかに、自分の子どもや生徒に「褒めること」と「しかること」を使い分けて、子どもを奮起させ、成績も上げている親(教師でもいいが)はいるだろう。ただ、その周りには、褒めて/叱って伸ばす、といったような抽象的な言葉だけでは何の足しにもならない、できない子、もおおぜいいるのだ。

東洋経済ONLINEのこの記事についたコメントも5つほど読んだが、どれも、秋山先生の言っていることに賛成、私も才能なかったが頑張って続けていたらなんとかものになった、など、自分はうまく行った、といったような成功者のコメントだけだった。

自分がなぜこういった言説に反発を感じるのかと考えてみると、こういうことを、さも意味のある助言でもあるかのように何のためらいもなく、言ったり書いたり発表する人は、「やりたいけどどうしてもできない」、「そもそもヤル気がしない」、「わかっちゃいるけどやめられない」、といった人間が存在することを畢竟理解できない人たちという気がするからだ。

« 学会取材-米国糖尿病学会(ADA)2016 - 新製品発表会かと感じた<LEADER試験>のシンポ。なんだかなあ。。。 | トップページ | 男性更年期障害(LOH)かもしれんな - でも、テストステロン補充療法(TRT)はやらない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/66086623

この記事へのトラックバック一覧です: こういう記事は嫌いだ―東洋経済ONLINE 「才能ない」生意気な子供でも天職は見つかる:

« 学会取材-米国糖尿病学会(ADA)2016 - 新製品発表会かと感じた<LEADER試験>のシンポ。なんだかなあ。。。 | トップページ | 男性更年期障害(LOH)かもしれんな - でも、テストステロン補充療法(TRT)はやらない »