最近のトラックバック

« ピコ太郎(PPAP)現象(?)ってなんなんだろうね。 | トップページ | <赤い罠 ディオバン臨床研究不正事件(桑島巖)>を読む »

2016年11月10日 (木)

米大統領選(トランプ勝利)について ― 政治ド素人の感想

べつにブログのアクセス数増加を狙っているわけではないが、ネットもおそらくテレビも(今日はまだテレビを見ていない)トランプ勝利で騒がしいだろうから、オレも一言、素人感想を書いておく。

今年は、一昨年、昨年と比べても仕事の調子がさらに悪く、事務所で悶々と過ごす時間が長かったので時間だけはたっぷりあり、米大統領選はネットのニュース番組でほぼ毎日、フォローしていた。フォローといっても、ど素人なので特段の目的を持っていたわけではない。あえて言えば英語のブラッシュアップだろうか。一番よく見ていたのは、FOX NEWSで、ほかに、CNNやTIME、Yahoo Newsなども動画を見たり、articleを読んだりしていた。FOXの明らかにトランプ寄りの報道と、CNNのヒラリー寄りの報道の仕方が印象的だった。

投票日の当日になってもヒラリー優勢のニュースが流れていたように、今回の選挙はまたしても、メディアや「専門家」と言われる人たちの“予測”が実はたいした根拠のない“予想”や“希望的観測”、あるいは、“夢想”に過ぎないことを明らかにするものとなった。そういえば、選挙ではないが、6月のBrexit(英国のEU離脱を問う国民投票)のときも、主要メディアやネット上では、残留の可能性が高い、というものだった。

トランプ支持者は白人労働者(白人のなかでの低い階層の人たち)が多いと言われるが、メディアや専門家はそういった層のトランプ支持の裏側にある体制(エスタブリッシュメント)に対する怒り・不満・反感を完全に見誤っていたのではなかろうか。

日本でもそうだが、大手テレビ局や新聞社で“偉そうに”報道やら解説をしているジャーナリストやそういったところから出演や執筆を依頼されて喜んでいる政治学者や評論家は、自ら自身が体制側にいることをしばしば忘れている。その結果、彼らの言動や予測に現実とのズレが生じ、今目の前で起こっている現象を見る目を曇らせるのだと思う。

とまあ、オレもなんだか偉そうなことを書いているなあ。ただ、今年の大統領選の諸々の報道を見聞きする限り、ヒラリーおよびクリントン一族、彼らに近寄る人々がエスタブリッシュメントの権化であり、言葉でなんといおうが、大衆レベルの人々とまったくちがった世界にいることは明らかだった。

ヒラリーのメール問題は彼女の政治家としての資質の欠如、欠陥を暴露したが、それに対して、司法長官を巻き込んだ訴追回避の策略は、権力とcorruptの究極の現れだったと言える。7月にFBIのComey長官がヒラリーの訴追なしを決めたときの説明や、そのあと、Senateでのhearingでの発言など、奇妙なものばかりだった。素人的にもなんじゃそれ、と思ったのは<ヒラリーはextremely carelessだったが、criminal actをしているというintentはなかったので訴追の必要なしとの結論にいたった>というようなComeyの説明だった。

政治だけでなく法律にもど素人のわたしだが、犯意がない過失でしかなくても、その行為が犯罪に該当すれば罪になる(過失傷害、過失致死、etc)ことくらいは知っている。したがって、罪の軽重はともかく、「意図はなかったから罪にならない」というのは噴飯ものでしかなかった。もっとも、Comeyは罪にならない、と言ったのではなく、訴追するほどの理由にならない(訴追をするほどには至らないという結論に達した)と言ったわけで、ようするに見逃したわけだ。

実際問題として、現役の国務長官である大統領候補を訴追した場合、大統領選に与える影響は予測もつかないほど大きいので、民主党陣営はあらゆる手をつくして訴追回避の働きかけを行ったはずだ。

Man of Integrityとして評価の高かったComey FBI長官が7月のヒラリー不訴追で男を下げたあと、投票約1カ月前の9月下旬~10月初旬頃には、トランプの女性蔑視発言の録音音声が次々に“発見”され、セクハラ被害者だという女性が日替わりのように現れ、メディアを賑わせた。どう考えても(クリントン側とかそれに協力するメディアからの)不自然な暴露・登場という印象を受けたが、これでトランプもいよいよダメかと思われた(実際、そのころ、支持率が相当下がった)。

ところが、ウィキリークスが入手した大量のメールから新たな疑惑が浮上したとして、Comey FBI長官が、投票日のわずか10日ほど前に、ヒラリーに対する再捜査を開始する、との手紙をHouseのcommitteeに送り、それがFOXで報道された。これで、ヒラリーがもし大統領選で当選しても、来年の就任前に訴追、あるいは、大統領就任後に弾劾、という可能性も否定できなくなり、また、トランプの勢いがましてきた。

しかし、そのComeyの“ヒラリー再捜査騒ぎ”も投票日の2日前に、<やっぱり再捜査なし。7月の訴追なしの結論は間違っていなかった>という結論をFBIが出し、これでやっぱりヒラリーが当選か、という雰囲気になった。そして、昨日(11/8)の投票日を迎えた。

アメリカでは期日前投票をする人がかなり多いらしく、実際には上記のごたごたの前、あるいは、その最中にすでに投票を済ませた人も相当な数にのぼったらしく、選挙3カ月前からのこのようなゴタゴタが、各有権者の実際の投票行動にどう影響したかは一概には言えないし、よくわからないはずだ。そのよくわからないことをわからないとしないで、もろもろの専門家が根拠なく予想したのが投票日の“クリントン優位”だった。

ま、ほかの国の大統領選挙で日本人のオレがそれほど熱くなることもないのだが、“しがないフリーランス”であるわたしは、どうしてもエスタブリッシュメントの象徴であるヒラリーを好きになれない。トランプもかなりヤバイ人間だが、偽善者よりは偽悪者のほうがマシと思ってしまうので、自分がアメリカ人だったらトランプに投票していたかもなあ、なんて思ってしまう。

政治家としての経歴・実績のないトランプがアメリカの大統領になることに対して不安や懸念を抱く声はおそらく世界中で聞かれるだろう。ただ、日本においてのたとえ話を考えてみると、先の東京都知事選でもし鳥越俊太郎が当選していたら、と考えてみるとよい。鳥越俊太郎が東京都知事をやることのリスク(というかそのバカバカしさ)に比べたら、トランプが米大統領になるほうがはるかにマシではないだろうか。

いつもながらのとりとめのない文章でうまい締めの言葉が見つからないが、今年の米大統領選は非常におもしろかった(to say the least.)。

« ピコ太郎(PPAP)現象(?)ってなんなんだろうね。 | トップページ | <赤い罠 ディオバン臨床研究不正事件(桑島巖)>を読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/68361421

この記事へのトラックバック一覧です: 米大統領選(トランプ勝利)について ― 政治ド素人の感想:

« ピコ太郎(PPAP)現象(?)ってなんなんだろうね。 | トップページ | <赤い罠 ディオバン臨床研究不正事件(桑島巖)>を読む »