最近のトラックバック

« 英語を教えるということ-その2 | トップページ | 2017年-前半終了、近況 »

2017年5月 9日 (火)

ゴールデンウィークに横浜中華街に行くもんじゃないな - 「招福門」 には二度と行かない

天気のいい日が続いた今年のゴールデンウィーク(大型連休)。フリーランス(個人事業主)にとってはカレンダーの休みなどはほとんど意味がないのだが、子供(小6と中2)は学校が休みになるのでまったくの家族サービスなしというのも親として気がひける。幸い、息子はもうあまり親と出かけたがらないし、GW中に空手の大会やGW明けには学校の中間テストがあるので娘だけを連れて、横浜中華街へ行ってきた。

5月4日。晴れ。混雑は予想していたが、想像以上の混みようだった。長時間、並んで待つのはいやなのでお昼の店を予約しようと、何日か前に萬珍樓(まんちんろう)という店に電話を入れたが5月3日も4日もすでに予約でいっぱい。ほかのちゃんとしたお店もあたればよかったのだが、飲茶食べ放題で「有名」な招福門が、GW期間中だけ90分制限でネット予約を受け付けていたので、そこにした。

結果は大失敗。元々あまり期待はしていなかったが、その低い期待値をも裏切るひどいものだった。まずいし、サービスも悪い。まあ、ゴールデンウィーク中に時間制限の食べ放題飲茶を予約していくなど、飛んで火に入るなんとか、の典型だった。小学6年の娘が1500円、大人が2800円、ドリンク(ドリンクバー)は別料金でプラス消費税で5000円超とは。。。。通りにたくさんある小さい店に少し並べば2000円台でもっとおいしいものが食べられたはず、と思うと腹が立つ。

おみやげには「江戸清」の豚まんを買い、配偶者の実家にも送った。こちらは、まあ、不味くはなかったが、特別においしいとも思わなかった。

5月6日は息子の空手の大会(埼玉県大会)。本庄シルクドームなので久しぶりに高速道路(関越自動車道)を使った。個人戦はあえなく1回戦負け。同じ道場の中1の子と2人でエントリーしていた団体戦も初戦敗退で、愚息は試合をする機会すらなかった(本来3人で1チーム。2勝先勝で勝ちだが、2人でエントリーの場合、初戦は不戦敗、つまり1敗のハンディキャップがあるので、1人目が負ければその時点で終わり、という奇妙なルールだった)。

« 英語を教えるということ-その2 | トップページ | 2017年-前半終了、近況 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/70513279

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウィークに横浜中華街に行くもんじゃないな - 「招福門」 には二度と行かない:

« 英語を教えるということ-その2 | トップページ | 2017年-前半終了、近況 »