最近のトラックバック

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月14日 (月)

アナハイム-ロサンゼルス旅行無事終了

8月3日(木)から9日(水)まで、アナハイムのディズニーリゾート(3泊)とロサンゼルス(2泊)の家族旅行に行ってきた。パソコンに残っている予約のメール(今回は初めてエクスペディアを利用)を見ていたら、昨年の12月下旬には予約手続きを開始していたことがわかった。ここ数年の仕事の不調を考えると無謀な企画なのだが、なぜそんなに早い段階で行こうと思ったのか、自分でも不思議だ。5月くらいまでは中止あるいは変更(グアム、香港あたりにして期間も短縮)も考えたが、結局、ほぼ当初の予定通りに決行した。

85california_adventuremeter_6ディズニーランドは、ライドやアトラクションは日本のものとほとんど同じだったが、隣りにあるカリフォルニア・アドベンチャー・パークは「カーズ・ランド」や「グリズリー・ピーク」などに、日本にはないユニークなライドがあり楽しい時間を過ごせた。小さい子供のいない家庭ではディズニー映画のカーズなどは観ないだろうが、わが家は数年前にDVDでなんども見ており、映画の街を再現したカーズタウンと、「ラジエーター・スプリングス・レーサー」(レースアトラクション)が素晴らしかった。グリズリー・ピークにあった「ソワリン・ザワールド」も、高空から世界一周旅行を楽しめるアトラクションで日本のディズニーランド(ディズニー・シー)には(たぶん)ない素晴らしいものだった。

85california_adventurecars_585california_adventureferris_whee_4後半の2日はロサンゼルスのダウンタウン(LA LIVEの近く)に泊まったが、どのように「市内観光」をするか、出発の直前まで迷った(本当はアナハイムにいるときにもまだ迷っていた)。「市内観光」と書いたが、ロサンゼルス・カウンティは関東平野ほどもある広大な地域なので、目的とコースをはっきり絞っておかないと疲れるだけということは予想できた。



87lafrom_hotel_2車社会のアメリカでたくさんの観光スポットをめぐには、タクシーなどをチャーターするか、いわゆる「ツアー」に参加するのが効率的なのだろうが(レンタカーを借りて自分で運転するという選択肢は全く考えなかった)、子どもたちに、具体的に見たいものがあるわけでもないことはわかっていたし、数を欲張っても疲れるだけなので、メトロを使っての、のんびり自力観光に決めた(ユニバーサルスタジオに行ってもよかったのだが前半でディズニー三昧だったので行かないことにした)。

メトロというと地下鉄みたいだが、ロサンゼルスのメトロはメトロレイル(電車)とメトロバス(バス)のことであること、近年、環境意識の高まりもあって、ロサンゼルスでもこういった公共交通機関の利用が増えてきているということは『地球の歩き方』で事前勉強していた(^_^;)。


バスの利用は86santa_monicaハードルが高そうだったので(日本でも不慣れな土地でバスの路線を調べて利用するのは結構面倒だ)、メトロレイルを調べて、LA初日はリトルトーキョー、チャイニーズシアター、ろう人形館、2日目はサンタモニカに、それぞれ電車で行ってみた。

結果的にはこの判断は正解だった。多くの場所には行けなかったが、ロサンゼルスのメトロをこどもたちに経験させるこができ(私もロスは初めてではないがメトロに乗るのは初めてだった)、ツアーなどを一切使わなかったのでお金の節約にもなった(メトロはTAP カードと呼ばれる日本のPASMOみたいなカードを1ドルで買って、1日乗り放題の7ドルを2回チャージしただけ)。

最終日の夜はサラリーマン時代に米国取材の終わりに打上げの機会として何度も使ったステーキレストランの「Morton's」に行っってみた(LAのMorton'sは初めてだが、シカゴ、サンフランシスコ、サンディエゴ、アトランタ、その他いくつかの都市の店には行ったことがあった)。しかし、オーダー前にカートに乗せた肉をテーブルまで持ってきて説明してくれるデモンストレーションがなく、総じて、わたしの記憶にあるMorton'sよりもサービスが悪くなった気がして残念だった。

それでも、中2の息子にPorterhouse(24オンス = 約680グラム)を強制注文し、悪戦苦闘しながら食べているのを見るのは楽しく(最後はなんとか完食)、わたし自身もNew York Strip(14オンス = 約400グラム)を“大食い選手権状態”に陥ることなく平らげることができた。


« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »