最近のトラックバック

« 2018年、3分の1の総括的近況(?)- その1 : きくち和子講演会 | トップページ | 後世に残る「危機管理学」の教材を提供?- 日大アメフト部の反則タックル騒動におもう »

2018年4月25日 (水)

2018年、3分の1の総括的近況(?)- その2 : 野党議員とメディアには辟易

花粉症: 自分は花粉症には縁がないと思っていたのに、今年は咳や洟に苦しんだ(まだ、時々、辛い)。医者には行っていないので、本当のところはわからないが、子ども用に薬局で買ってきたアレルギー性鼻炎の薬を飲んだり、その後子どもが医者に診てもらって処方されたクラリチンを失敬して自分でも飲んでみると少しは楽になるので、やはり花粉にやられているのだろうと思う。死ぬような「病気」ではないが、花粉症の苦しさを実感した1カ月だった。

セクハラ騒動 : 財務省の福田前次官のセクハラ音源がネットで公開されたときは「なんてひどいヤツだ」と思ったが、その後の音声の継ぎはぎの指摘を読んだり(最初に聞いたときにその不自然さを感じる能力はわたしにはなかった)、被害者のテレ朝女性記者の“特定”(ネット上ではすでに出ている)、テレビ朝日の発表、そして、週刊誌(新潮)やテレビの報道のみに基づく、野党の国会での追及や重要法案の審議拒否、などを見て、正直、辟易している。

この騒動に関連するニュースをそれほど熱心に追っているわけではないが、テレビではデーブ・スペクター氏のコメントが私には一番納得できるし、元AV女優で元日経新聞記者の鈴木涼美氏によるこの記事<テレ朝記者「セクハラ告発」に舌打ちしたオンナ記者もきっといる>には大いに共感する。

その他の週刊誌ネタ: 新潟県の米山知事は出会い系サイトで知り合った「ガールフレンド」との“援助交際”が発覚して辞職した。“援助交際”の相手は複数いたらしいが、その1人は慶應大学の女子学生であり、その女子学生の本当の(?)ボーイフレンドである男子学生との共犯(ようするにに美人局)の可能性を示唆する書き込みをネットで見た。真相はわからないが、恐ろしや今の大学生である。

また、政治家ではないが、今日はTOKIOの山口達也の書類送検がニュースになっている(女子校生に強制的にキスをしたとかしなかったとか)。自宅(?)に呼んだ女子校生が相手だったらしいが、タレントの家に呼ばれる一般女子校生ってどんな存在なんだよ、と思う。

2018年、3分の1の総括的近況、をタイトルにして書き始めたが、私生活が低迷しているので書くことがなく、結局、テレビ・週刊誌ネタのコピペになってしまった。

本当は、藤井聡太六段の活躍で去年から盛り上がっている将棋のことについても書こうと思っていたのだが(今年はYouTubeで将棋の動画を見る回数が増えた)、疲れてきたのでここで終わりにする。

« 2018年、3分の1の総括的近況(?)- その1 : きくち和子講演会 | トップページ | 後世に残る「危機管理学」の教材を提供?- 日大アメフト部の反則タックル騒動におもう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/73370755

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年、3分の1の総括的近況(?)- その2 : 野党議員とメディアには辟易:

« 2018年、3分の1の総括的近況(?)- その1 : きくち和子講演会 | トップページ | 後世に残る「危機管理学」の教材を提供?- 日大アメフト部の反則タックル騒動におもう »