最近のトラックバック

« 日大アメフト部の悪質タックル騒動 - 「よく言うよ。何年か前の関学が一番汚いでしょ」という内田前監督のコメントは重要かも | トップページ | 6月は忙しかった。2018年もいよいよ後半戦へ »

2018年5月24日 (木)

まるで北朝鮮だな - 本日発売の週刊文春(5/31号)『日大アメフト監督「14分の自供テープ」』を読んだ感想

前のエントリーを書いたときは、ネットの予告動画を見ただけだったのだが、コンビニで週刊文春を買い、首題の記事を読んでみた。日本大学という学校法人が恐ろしくなった。

今回の悪質タックル事件についての内田前監督の関わりについては、ネットなどから幅広い情報を得ていたので、この記事に書かれていることは予想の範囲だった。

私が恐ろしいと感じたのは、田中理事長を頭にする、まるで北朝鮮のような独裁体制だ。内田前監督はそのナンバー2なので、アメフト部だけでなく、日大の少なくとも運動部のすべてに絶大な影響力を持っており、やりたい放題やっていることがありありと描かれている。

田中理事長の奥さんが経営する料理屋のことや、内田前監督が監督辞任を表明した最初の囲み会見の日に、パチンコ屋で閉店まで3時間もパチンコをやっていた田中理事長への突撃取材と、それに対して「おれは何もしらないよ」と答えた田中理事長との会話など、今回の文春砲は称賛に値する素晴らしいものだと思う。(理事長が「なにも知らない」、ですまされるわけがないのが一般社会の常識だが、ここでも独裁者は常に一般社会の常識の枠外のようだ)。

今回の騒動は、一義的には内田前監督や井上コーチの指示による悪質タックル(傷害事件)の問題だが、対応のまずさが招いた今の状況は、

①日本大学という学校法人の闇

②アメリカンフットボールというスポーツとそれに関わる団体や指導者の問題

(日大の今回の反則プレーは絶対に許されるべきではないが、それとは別に、アメリカンフットボールにおけるこれまでのラフプレーや指導の在り方に反省すべき点はないか、の議論は必要だと思う。内田前監督の「よく言うよ、何年か前の関学が一番汚いでしょ」という発言に、関学やその他の大学アメフト部はきちんと反論し、自分たちは日大とは全く違うということを証明しなければならない)

③(アメフト以外の)日本のスポーツ界が抱える問題(大学だけでなく、高校や中学の運動部も含めて、やたらと厳しい指導[しごき?]を重視するやり方や、子どもや生徒、学生を食い物にしているスポーツ界の上層部)。

など、いくつものパンドラの箱を開くきっかけになるかもしれない。

« 日大アメフト部の悪質タックル騒動 - 「よく言うよ。何年か前の関学が一番汚いでしょ」という内田前監督のコメントは重要かも | トップページ | 6月は忙しかった。2018年もいよいよ後半戦へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520869/73551029

この記事へのトラックバック一覧です: まるで北朝鮮だな - 本日発売の週刊文春(5/31号)『日大アメフト監督「14分の自供テープ」』を読んだ感想:

« 日大アメフト部の悪質タックル騒動 - 「よく言うよ。何年か前の関学が一番汚いでしょ」という内田前監督のコメントは重要かも | トップページ | 6月は忙しかった。2018年もいよいよ後半戦へ »