最近のトラックバック

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月 2日 (月)

ガッカリだったW杯ポーランド戦。あれでよいという人とは自分は合わないなあ。

サッカーワールドカップ、グループリーグの第三戦。

「引き分け以上で決勝トーナメント進出」という枕詞を試合が始まる前から繰り返す実況アナウンサーに辟易しながらテレビのライブを見ていたが、案の定、1-0で敗退。日本代表チームはイエローカードの数の差でかろうじて決勝トーナメント進出を果たしたが、ポーランド戦の最後の10分間の時間つぶしパスは見ていた腹がたった。

あの試合に関しては、特にイギリス(BBC?)などで批判的な論評が強かったようだが、日本のコメンテーターやファンなどからは、むしろ、西野監督の采配を評価する声が多いような印象を持っている。

わたし個人としては、あの10分間は醜悪な時間だったし、あんな試合をするくらいならもっと積極的に責めていってほしかったと思う(結果的にカウンターをくらって、2-0以上の負けになっていたとしても)。

平行して行われていたセネガル-コロンビア戦は0-1でコンビアがリードしていたが、セネガルが1点かえしていたら、日本の決勝トーナメント進出はなかったわけで、まったくの他力本願の時間つぶしだった。

ポーランドチームも1-0とリードしていたので、あの時点で積極的に責めて行く姿勢はまったくなく、日本とポーランドの奇妙な“共犯”が成立した10分間だったが、セネガル-コロンビア戦については、0-1のまま終わるという、「データに裏付けられた」根拠でもあったのだろうか。

真実はわからないが、わたしにはそんな確固たる判断だったとは思えない。自分たちの試合を0-1の負けにとどめたい、という強力な“意思”は存在したようだが。

いずれにしても、会場で試合を見ている観客に対してはもちろん、テレビでリアルタイムの試合を見ている視聴者にも失礼な試合だったと思う。

日本の選手のだれか1人、いや1人じゃ無理だろうけど、だれか2人が思い切ってパスを入れて責めにいけば、1点とって自力で決勝トーナメントに進出できるのに、と歯がゆい思いで見ていたがそのような奇跡は起きなかった。しかし、相手も油断しているのだから、リスクはあるがチャンスもあったはずだ。

ポーランド戦の日本の闘い方について、あれでよいと評価する人とは自分は合わないなあとつくづく感じる。

とまあ、こんなわけなので、自分はもう、決勝トーナメントの日本の試合は生放送で見るもんか、とポーランド戦直後は思っていたのだが、ここへきて、今夜のベルギー戦、ひょっとしたら見てしまうかも、と心が揺れ動いている。日本の大敗を内心、期待しながら。。。。

追記: ライブで見てしまった。後半開始早々に2-0になったときは勝てるかも、と期待が高まった。予想以上の善戦。讃えざるをえない。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »