最近のトラックバック

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月15日 (月)

<人間が変わる方法は3つしかない>というけれど。。。。とりあえず2つを実践することにした

<人間が変わる方法は3つしかない、①時間配分を考える、②住む場所を変える、③付き合う人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない>というのは大前研一氏の有名な言葉で、ネットをググるとこの「格言」をテーマにしたブログや記事がいくらでも出てくる。この格言にはそのあと<最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ>という言葉が続き、これは納得できる。新年の誓い、の無意味さを思い出せばだれも思い当たるだろう。

この3つの中で最も効果的なのは、①時間配分を変える、ことらしいが、これについては疑問を感じる。大前氏自身による解説がプレジゼントオンラインに出ているので、詳しく読みたい方はそちらを参照してください(全文読むには登録が必要)。

この記事で大前氏は、<時間配分を変えるためには、どんなことに時間を使いたいのかを明確にしておく必要がある。1年後に自分がどうなっていたいのか、イメージを出すことも大切だ。たとえば「世界経済の動向をもっと自分の肌感覚でつかめるようになっていたい」とイメージしたとしよう。海外に行かずとも、毎日欠かさずにNHK BS1の朝4時から7時までのワールドニュースを見るだけで1年後には相当な力がつく。>と書いているが、生活習慣を改めて、時間配分をこのように変えられる人は、すでに<人間が変わっている[変身を遂げている。成長している]>としか思えない。

私のブログのサブタイトルの1つでもあるが、世の中にあふれている『アドバイス』『助言』と言われるものは、わたしには99%が「あたり前なこと」、言い換えると、「テストで全問正解すれば100点が取れる」のようなトートロジーでしかないように思えて仕方がない。失礼ながら、大前氏の時間配分を変える、もそうだ。<時間配分を変えるためには、どんなことに時間を使いたいのかを明確にしておく必要がある>と方法論らしきものについての言及もあるが、多くの人は「どんなことに時間を使いたいのかを明確に 」できていないのではないだろうか。つまり、こういう『アドバイス』は努力嫌いで成績の悪い生徒に、「頑張ればできる」とか、「やればできる」と言っているのと同じことなのだ。

最初に書こうと思っていたことから脱線してしまっている。残りの2つ(②住む場所を変える、③付き合う人を変える)も、各人の置かれた状況によって、必ずしも簡単にできることではないが、①に比べればまだ少しは<人間が変わる方法>としては具体的なアドバイスかもしれない。その意味(意図、効果)も理解できる(詳しい説明は前に紹介したプレジデントオンラインの記事を読んで下さい)。但し、②と③については、『<人間が変わる方法>として効果があるかもしれない方法』というのが正確なところだろう。

2019年も3分の1が過ぎ、過去3~4年の(いろんな意味での)低迷から脱出できなければヤバイという気持ちが日に日に強まってきたので、大前氏の格言の②と③を実行に移すことにした。具体的には、令和元年のタイミングに合わせて、ゴールデンウィーク明けに事務所(仕事場)を移転することにした。③については、今週から少し新しい仕事を始める。

さてさて、どうなることやら。

※事務所(仕事場)の移転先については、仕事でお付き合いのある方々には月末までにゴールデンウィーク明けにメールでご案内いたします。

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »