最近のトラックバック

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

コロナ騒ぎをめぐる雰囲気に日本人(日本国)のイヤな面を感じる―4年に1度の2月29日記念エントリー(笑)

特に書きたいこともないのだが、せっかくの2月29日なので、とりあえず何か書いて残しておこうと思った。

新型コロナウイルス騒ぎについては、前回のエントリーでも書いたが、一昨日(2月27日)の安倍首相の「全国の小中高臨時休校要請」には驚いた。最初ネットで見たときは、対象が国公立の学校だけかと思ったのだが、私立の学校も含めてすべてのようだ。わたしには公立中学に通う娘と私立高校(埼玉県)に通う息子がおり、両方ともやはり3月2日から春休みが始まるまで(3月24日まで)休校。そこから春休みなので、結局、夏休みよりも長い「春休み」になってしまう。

今回の対応については賛否があるが、わたし自身はまったく気にいらない。反対だ。都道府県・市町村でも、「遺憾」の意を表明した知事や市長はいるが、結局は首相の「要請」に応じるようだ。すぐには休校にしないと表明しているのは、石川県の金沢市や島根県(県全体)くらいか(ほかにもあるのかもしれません)。島根県は現時点で感染者の報告がゼロで、感染例が出たらすぐに休校とネットニュースで見た。

しかし、安倍首相の「要請」にどんな法的根拠があるのか。法的根拠がないから「要請」で、命令・強制ではないということなんだろうが、実際には金沢市や島根県のように「要請」に従わないのはかなり勇気のいることだろう。実質的には命令であり、従わない場合は行政指導その他を使って、今後、いろいろと嫌がらせをされるのではないか。

わたしなど、今回の「要請」は法的根拠のなさもさることながら、メリットとデメリット、あるいは、薬のアナロジーを使うとすれば、リスク(副作用)とベネフィット(効果)を勘案して、リスク(副作用)のほうが大きいとしか思えない。すでにいろいろと言われているが、小学生以下の小さいお子さんがいる共働き夫婦などの大変さは想像以上だと思う。それでも、勤め先が大企業であれば、なんらかの対応処置(その1つは在宅勤務)で助けは得られるだろうが、中小企業ではそうもいくまい。

新型コロナはそもそも若い人では無症状か症状が出ても軽い。重症化しやすいのは基本、高齢者やリスク[喫煙者、糖尿病、高血圧、呼吸器系の疾患、などなど]のある人なので、小中高生だけにターゲットを絞って学校を休ませても意味ないと思う(もちろん、祖父や祖母と同居している人もなかにはいるだろうから、そういう家族にとっては孫が感染すると[祖母や祖父に]危険ということはあるだろうが)。

わたしの感覚ではなんでそこまでしてと思うのだが、ネットのコメントなどを見ると、今回の休校措置を積極的ではないにしても、「妥当だ」「仕方がない」という意見が多く、驚いている。

もっとも、今回の新型コロナで騒いでいるのは、日本だけでなく、他国も、特にマスコミの報道はどこも似たようなものだと思う。私は英語ニュースしかわからないが、数日まえFOXを見ていたら、「わが国(アメリカ)では、インフルエンザの猛威のほうが重大だと主張していた人もいるが、新型コロナウイルスによる現在の状況はパンデミック寸前だ
」みたいなことをキャスターのCarlson Tuckerが言っていた。感染者数や死亡者数を見れたインフルエンザのほうが深刻に決まっているだろ。

PCR検査を希望者全員にせよという医者がいたり、厚労省の出す医者にかかる基準
(37.5℃の発熱が4日以上続くか、体調が非常に悪い場合を除き、すぐに医者に行かずに自宅療養)に文句を言う人、手洗いや体調管理を強調する助言に「そんな当たり前なことで感染が防げるか。マスクを出せマスクを」のように政府を非難する声など、ネットニュースやコメントを見ていると、冷静な判断というものがどうしてこれほど簡単に失われてしまうのかと情けなく思ってしまう。

だいたいPCRで陽性が確認され、それで感染が確定されたとして、それの何がいいのだろうか。なぜそれほどまでにPCR検査をしてほしいのだろう。安心?でも、新型コロナウイルスに対する根本的な治療薬はないんですよ。(アビガンや抗HIV薬が効くかもしれないということで急遽、試験はやっているそうだが)。さらに、PCRの精度(感度・特異度・陽性的中率、陰性的中率)の問題もある。これについては、このブログや、その他、ネットで検索すれば、いろいろと記事や解説がアップされている)。

笑ってしまうのは、今まで体調が悪くなって医者に行き「風邪ですね」って言われたら何の疑問もなくそうですかといって薬をもらって安心していたことに何の疑問ももたないのに、新型コロナウイルスに関してだけPCRだPCRだと騒いでいること。インフルエンザの場合は迅速キットがあるが(もっともそれも、感度・特異度が100%なわけではない。そのようなテストはそもそも存在しない)があるが、ただの風邪、というのは何が原因かはわからず臨床診断しているだけ。もちろん、経験豊富な医者であればそれで致命的な間違いは犯さないのかもしれないが、風邪ならば原因はウイルスなのに、抗生物質を出され、それに対して疑問を抱くどころか、あまつさえ、抗生物質を出さない医者には不満をいただく。根本的な治療薬がないのは、普通の風邪も新型コロナウイルスも同じなのに。。。。

また、インフルエンザには治療薬があると思っている人がいるが、現在ある薬は、例えば、タミフルにしろ、リレンザにしろ、イナビルにしろ、これらはノイラミニダーゼ阻害薬であり、新しいゾフルーザはキャップ依存性エンドヌクレアーゼ
害薬と言われるものだが(あと、M2蛋白阻害薬のアマンタジンもあるが)、いずれも症状を改善したり治癒までの日数を少し短くするだけで、根本的な治療薬ではない(その薬だけで完治しているわけではない【ヘマグルチニン(HA)と呼ばれる蛋白質を阻害する薬ができれば本当の治療薬になるかもしれないが】。風邪にしろ、インフルエンザにしろ、そして、新型コロナウイルスにしろ(そもそもコロナウイルスは風邪の原因になるウイルスの1つ)、安静、栄養、睡眠、に気をつけて免疫力を高めるしかない。

最後に、タレントの神田うのがスキー旅行の写真をインスタに挙げ、それがこういう時期に不謹慎だといって批判が殺到したそうだが、これなど全く理解できない。東日本大震災のときや、さかのぼれば、昭和天皇崩御のときなどもそうだったが、日本人は、こういうとき、普通の庶民はがまんしているのだから、ほかの人間も自粛せよ、という反応が多い。こういうメンタリティーというか国民性は、わたしが一番嫌いなところだ。何がいけないのかと思う。

第二次世界大戦のときに、町内会のおばさんやおじさんらが、近所を見回って、ちょっと「ぜいたく」な暮らしをしている人をつかまえては非国民とののしるようなシーンをドラマなどでときどき見ることがあるが(朝ドラなどに多い)、ああいう雰囲気を感じてイヤになる。

たかが新型コロナウイルスくらいで、日常生活をこれほどまでに制限してしまう日本人、おかしいと思う。

追記: 安倍首相も、全国の小中高に臨時休校を「要請」(と言う名の強制)するくらいなら、3月いっぱいは満員の通勤電車を運行しないよう全国の鉄道会社に「要請」すべきだったと思う(例えば、座席に座れる人数しか電車に乗せてはいけないとか) 。そのほうが、コロナ感染拡大を抑制する効果は大きいはずだ。そこまではやる勇気も肚もないのだろう。

2020年2月16日 (日)

新型コロナウイルスの大騒ぎ

新型コロナウイルス(このウイルスによる病気は、COVID-19とWHOによって名づけられたらしい)が話題になっている。テレビ(ワイドショー)や新聞・雑誌はお騒ぎだ。マスクが売り切れ、高値での転売なども発生しているという。特にここ数日は、日本の対策に問題ありという海外の報道などがSNSなどで紹介され、東京オリンピック開催も危ういのではないかという意見まである。

新型インフルエンザの騒ぎ(2009年だったかな)やSARS(2003年)のときもそうだったが、人間というものは分からないことが多いと恐怖が増大されるようだ。そのこと自体は理解できなくはないのだが、わかっていることとわかっていないことを精査して冷静に対処するということがなかなかできない。専門家ですらまだ情報不足の段階で素人がいろいろコメントするのはいかがなものかとテレビなどを見ていて思う。


このウイルスによる病気の症状の特徴は徐々に明らかになってきている(初期症状は軽い。無症状の期間=潜伏期間も比較的長い。⇒ この期間にほかの人にうつしやすい。特に小児の症状は軽い傾向がある、など)ようだが、こういった呼吸器感染症予防の基本は、①手洗い、②うがい、③マスク(咳エチケットとして)だと思う。重要度もこの順番だとわたしは理解している。お昼に食堂/レストランなどに入って、手を洗いに行かずに注文した料理を平気で食べている人が多いのには驚く。ましてや、その人がマスクなどしていたら、なおさらだ。今時、どこのお店でも手洗い場所には石鹸をおいているし、アルコールも置いているところが多い。マスクをすることにこだわる一方て、手洗いが不十分(回数、洗い方)な人が少なくないのではなかろうか。

追記:新型コロナウイルスで大騒ぎし、中国からの入国を(場所を問わず)一切禁止にせよという意見まであるが(アメリカはそうしているらしく、それに比べて日本政府は。。。という意見)、そういう人は、この記事についてどういうリアクションをするのだろうか。<米、インフル症状に新型ウイルス検査へ 対策を大幅強化>。<死者1万人超、アメリカで「インフル猛威」のなぜー2年前はなんと6万人以上が亡くなっていた>米国の今シーズのインフルエンザの罹患者数は合計で2200万人。死者は1万2000人なのに、米国からの入国にはなんの制限もしていないし、新型コロナウイルスに比べて大騒ぎになっていない(少なくとも日本では)。不思議としかいいようがない。



 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »